1. 実績一覧
  2. KW HOUSE

work

KW HOUSE
所在地
岐阜県安八郡
主要用途
専用住宅
設計監理
吉村昭範+吉村真基/D.I.G Architects
構造設計
飯島建築事務所
施  工
西濃建設
造  園
GARDEN WORKS 園三
photo
坂下智広
小さな粒:この地域は土地の大きさが比較的広く、住宅のボリュームの他にビルトインガレージや倉庫などが離れのように建っている姿を良く見かけた。そのような離れの建物のような粒の小さいスケール感でできる街並にある種の魅力を感じ、小さな粒とその隙間の空間を取り込んだ住宅にしたいと考えた。
裏返しの構え:建物の前に庇がある通常の構えでなく、外側からは白い塊が前に出て、庇は内側に引っ込むような通常とは反転した構えとすることで、いわゆる塀とは異なる敷地境界線の設定の仕方があるのではないかと考えた。また、庇のある外部空間を内側に配置することで、各部屋は廊下と中庭を介することで「対岸」ができ、その「対岸」にある白い塊同士の隙間から街の風景が望める。隙間は、街に開く間の戸(マド)でもある。
開かれた回廊:各部屋を繋ぐ回廊の外周にはカーテンが付けられることはない。各部屋が一定のプライバシーを保ち、回廊は外部のような空間になり、街と繋がった空間になる。