1. 実績一覧
  2. M HOUSE

work

M HOUSE
所在地
名古屋市千種区
主要用途
専用住宅
設計監理
吉村昭範+吉村真基/D.I.G Architects
構造
tmsd萬田隆構造設計事務所/萬田隆 小林充
施工
水野工務店
photo
Takeshi yamagishi
「道」のような住宅

 この住宅はなんと言っても狭い家である。家の間口が有効で3mしかない。敷地の間口が5mと狭いからであるが、一見すると道のような敷地をさらに絞り込んで、2階の間口は3mとし、1階は玄関の幅1mから3mへと徐々に広くなるようになっている。その細長い2つのチューブ空間の上下をズラし、残ったスペースを北東部に駐車スペース、南西部に光を取り込む庭を設けるような構成になっている。また、この構成は隣地への圧迫感を軽減するためでもある。
間口とは対照的に、奥行きは全長22mあまりもあり、その道のような空間を歩いていくと、町家の通り庭のような長いエントランスから客間を通って、奥の螺旋階段を折り返し、L-D-Kを通って、洗面所からバスルームと、最後に寝室にたどり着くまで、全体はU字型の、まさに一本道のアクテビティである。この一本道の使い方は、施主のこれまでのライフスタイルから要望されたものだが、1Fと2Fそれぞれに枝道があり、枝道の交差部が三角形状の長いトップライトがあることで魅力的な空間にもなっている、また、この道空間は敷地の東西が道路に面しているので、廊下のような閉じた道ではなく、東側も西側も大きな開口を設けることで周辺の町並に対して開くことができた。特に、西側の庭は名古屋市の緑道と繋がっており、小川やシダレザクラなど隣にある豊かな植栽も借景することが出来る。間口は狭いが、奥へ奥へと歩くほど自然の緑や光にあふれた空間を体験できる豊かな「道のような住宅」である。