1. 実績一覧
  2. デイケアでゅりっくす

work

デイケアでゅりっくす

エントランス側外観

機能訓練室

公園側の庭を見る

機能訓練室

庭側の夕景

所在地
岐阜県可児市
主要用途
診療所
設計監理
吉村昭範/D.I.G Architects
構造設計
藤尾篤/藤尾篤建築構造設計事務所
施  工
誠和建設
photo
谷川ヒロシ

デイケアでゅりっくす

岐阜県の西可児駅近くにあるデイケア施設です。この施設は、2012年に私たちが設計監理した「ぴくしぃ整形外科」に隣接する別棟として増築され、高齢者の方に向けて通所でリハビリテーションの訓練を行っています。主な活動は中心となる機能訓練室で行われますが、30から40名ほどの利用者が訓練を受けるためには、100m2を超えるスペースが必要になりますが、切妻屋根のスパンの片側半分に対して、木の梁を三角形に組み合わせた複合梁とすることで、水平な小屋梁のない6mx19mの無柱空間を実現しているのが特徴です。
一方で、事務室や相談室などのその他諸室と機能訓練室は強固な壁で明確に分けられるのではなく、取り外しできるようなパーテイションで区切られることで、施設全体が相互に行き来できるような計画としています。また、諸室は同じ単位グリッドの反復で並べられているので、使い方の変更にも柔軟に対応できます。将来的には、スパンの一部を仕切り、障害児向けのデイケアや、あるいは託児所などの用途にも転用することも想定しています。
そして、計画地周辺の緑を積極的に取り込むことを工夫しました。少し離れた西側の神社の緑を三角形のハイサイド窓から取り込むだけでなく、南側に隣接する公園に向けて大きな開口部を設けることで、庭越しの公園の緑、とりわけ春頃には華やかな桜の列を見ることできます。用途が変わったり利用者の対象が変わっても、建築を通じた魅力が変わることなく快適な居場所となることを目指しました。